スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京占領

1937年12月13日、日本軍は南京を占領しました。
南京大虐殺といわれる事件が起こったときです。

1937年7月7日に起こった盧溝橋事件を機に、
日本と中国は戦争に突入します。(日中戦争)
北京郊外の盧溝橋で起こった小競り合いは、
翌月の8月13日には上海に飛び火、
上海でも日中が武力衝突し、全面戦争に発展していきます。
当時の中国の首都は南京にあり、
南京を占領して最終的な勝利をしようと思った軍部は、
上海から軍隊を南京に向けて進軍させます。
そして12月13日、南京を占領します。

中国(当時は中華民国)の蒋介石は、南京から中国奥地の重慶に移し、
戦争を継続します。
日本軍は重慶を空から爆撃し、攻撃を継続しますが、
中国はアメリカやイギリスからの援助を受け、負けずに戦争を続けます。
首都である南京を占領すれば中国側は屈服するという見通しは甘かったわけです。

1937年12月の南京占領後、4年かけても中国を負かすことはできず、
そのままに1941年12月、太平洋戦争の開戦を迎えることとなります。
中国と対決したまま、中国だけでなく、米英蘭と大国に挑むことになります。

テーマ : 太平洋戦争
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。