スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は東京大空襲の日

このブログでもすでに何度か書きましたが、
今日、3月10日は東京大空襲の日です。
東京の下町が目標とされ、
推定で約10万人の人が焼死したと考えられています。

B-29は深夜、高度3000メートル以下という高射砲も届く高度で進入してきましたが、
レーダーで探知し、VT信管(レーダーで探知し爆発する高性能な弾薬)を持つアメリカ軍と異なり、
あくまで時限信管(一定の時間が経つと爆発する従来の弾薬)で目視で狙う日本軍は
夜に侵入するB-29編隊を撃墜することはできませんでした。
334機という大群でやってきたB-29編隊に、日本の少数の夜間戦闘機隊では
太刀打ちできなかったのです。

木造家屋が密集した東京の下町は、B-29の焼夷弾の攻撃を受け、
燃え上がりました。
ほとんどの家屋は焼き尽くされ、そんな炎の中で、
10万人という市民が犠牲となり、焼け死にました。

空襲が激化する前に市民たちは避難すればよかったのではないかという思いもあるかもしれませんが、
当時「防空法」という法律により、市民たちの避難は禁止されていました。
逃げずに火を消せという命令だったのです。
1600トンという焼夷弾の猛攻の前に
バケツリレーの水では消せるはずもなかったわけです。

テーマ : 太平洋戦争
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。