スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミコン フリートコマンダー

太平洋戦争の海戦を描いたシミュレーションゲームです。
ファミコンの太平洋戦争もののシミュレーションゲームの元祖みたいなソフトではないでしょうか。

日本とアメリカの実在の艦船が出てきますが、
プロトン帝国海軍とアルゴン連合海軍の戦いということになっています。
日本とかアメリカとかはっきりと書けなかったところに
当時の時代を感じる思いがします。

私がこのゲームをプレイしたのは小学生のころで、
太平洋戦争の海戦について、このゲームを通して知っていったように思います。
マップも架空のマップで、
中央に大きな島があるのですが、
島は軍事的に意味を持たず、
進攻ルートを二つに分ける意味合いがあり、
たった二つの進攻ルートしかないわけですが、
攻めるのにも守るのにも胸を熱くハラハラしながら戦いを見守った覚えがあります。

大和や長門、赤城や加賀といった
日本海軍を代表する艦船が出てきます。
戦艦同士の砲撃戦や駆逐艦の魚雷戦、航空機の空中戦など、
海戦の要素が織り込まれたゲームでした。
ファミコンゲームなので、コンピューターの動きもワンパターンといえばワンパターンなのですが、
小学生の自分にはそれでも難しく、
勝ったときにはうれしく思ったものです。

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。