スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミコン 怒

ファミコンゲーム「怒」(いかり)について紹介したいと思います。
ヘリコプターが出てくるので第二次世界大戦よりも後の時代設定のゲームかもしれませんが、
ゲーム内容は第二次世界大戦の歩兵戦にも似たようなゲームです。

このゲームに出会ったのは小学4年生くらいかと思いますが、
あまりのおもしろさに強烈にはまりました。
いろいろなゲームと出会いましたが、
このゲームの面白さは群を抜いていました。

戦車を手榴弾一発で破壊したり、
実際の歩兵対戦車の戦いも手榴弾一発で決着つくのかなと思ったりしていました。
実際はそんなことはないのですが、
歩兵戦ということについてリアリティがあり、
こういったゲームを通して戦争とは何かということを徐々に学んでいきました。

ゲームの中では、自爆兵が多数出てくるのですが、
今思うと自爆させるなんて、と思ってしまいますが、
当時は自然で、戦争とはそんなものなのだろうと思っていました。
ゲームに熱中しながら、おぼろげながらも戦争を感じ、
戦争について考えるようになっていきました。

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。