スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーリットル爆撃

1942年4月18日、ドーリットル爆撃が行われ、
東京をはじめとする日本の都市が初めて爆撃されました。

空母発進をまったく前提としていない陸軍のB-25爆撃機が採用され、
極秘に空母発艦訓練を繰り返し、
準備が進められました。
そして4月18日、空母ホーネットよりドーリットル中佐率いる爆撃隊は出撃し、
日本の諸都市を爆撃しました。

真珠湾攻撃以来、日本軍にいいようにやられていたアメリカは、
何か日本に仕返しはできないかと模索していました。
そんな中で、東京をB-25の空母発艦により奇襲爆撃するという作戦が出されました。
実際の軍事的な被害は小さかったものの、
日本側に与えたショックは極めて大きく、
アメリカの作戦の戦略意図は大成功に終わった作戦でした。

その大胆な発想に驚かされます。
一度空母から発艦すれば戻ることはない作戦で、
中国の領地に不時着して助かるという作戦でしたが、
決死の作戦でした。
陸軍の双発爆撃機が空母から飛び立つという前代未聞の作戦でしたが、
空母発艦は成功し、爆撃も成功に終わりました。
やられっぱなしではないアメリカ軍の底意地のようなものを感じます。
日本の出鼻をくじくという心理効果だけを狙った戦略的な作戦でしたが、
戦略的な作戦が重要なのだとあらためて思います。

このドーリットル爆撃を防衛できなかった日本は、
日本の防衛線を確固たるものにするため、ミッドウェー作戦に乗り出します。
そして、あの手痛い敗戦を味わうことになります。

テーマ : 太平洋戦争
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。