スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆の攻撃目標

アメリカは「マンハッタン計画」の暗号名で原爆開発を進めていましたが、
1945年7月16日についに世界初の核実験に成功し、
アメリカはさっそく日本への原爆使用に向けて動き出します。

原爆の攻撃目標については、すでに以下の4都市に絞られていました。
①小倉
②広島
③新潟
④京都

ここで京都について、スチムソン陸軍長官が反対しました。
スチムソンが反対した理由は、
京都が歴史的に由緒ある都市で、日本人の心の故郷である、ということでした。
スチムソンはフィリピン総督時代に京都を訪れたことがあり、その古代文化に
ひどく心を打たれたことがあったと言われています。

そんなスチムソンの強い反対があって京都は退けられ、
代わりに『長崎』が選定されました。

8月6日、B-29の気象偵察機は広島、小倉、長崎を偵察し、
広島が晴れていて攻撃目標にふさわしいことを確認し、
一番最初の攻撃目標は『広島』となりました。

京都はスチムソンの判断により攻撃目標から外されましたが、
日本を旅行した経験があり、日本文化を理解していたことにより、このような判断がなされたということで、
他国の文化を理解することは大事なことだと思います。
そういった相手の文化や歴史を理解することが、戦争回避にもつながるものと思いますが、
巨大なうねりの中で、何もできずに飲み込まれていく戦争の渦の強さを感じます。

広島には広島の歴史が、長崎には長崎の歴史があるわけですが、
無情にも原爆は投下され、終戦の聖断につながります。

テーマ : 太平洋戦争
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。