スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムッソリーニ死す

1945年4月28日、ムッソリーニが処刑されました。
すでに1943年9月8日にイタリアは降伏していましたが、
イタリアの第二次世界大戦はムッソリーニの処刑によって
区切りがつきます。

1941年にイタリアは第二次世界大戦に参戦しますが、
戦況悪化によって独裁者ムッソリーニの威信は失墜し、
1943年7月25日にイタリア国王に解任を告げられ、そのまま逮捕されます。
そして9月8日、後を継いだバドリオ政権は連合国側に降伏します。
イタリア側によって幽閉されていたムッソリーニは
ドイツ軍によって救出されました。
すでにイタリアの北半分はドイツに占領され、
そこにムッソリーニを首班とするイタリア社会共和国が建国されましたが、
ドイツの傀儡政権であり、
ムッソリーニに過日の勢いはもうありませんでした。
そしてイタリアのパルチザンに捕えられ、
処刑されることになります。
その死体はミラノの広場に吊るされました。

ドイツ、イタリア、日本の枢軸国の中で、
まずはイタリアが狙われ、
米英連合軍に占領されたイタリアですが、
早いうちに米英に占領されたことは、
戦争が早期に終わったということで、
イタリア国民にとってはよかったと思われます。
ソ連が介入せず、完全に米英側に占領されたことで、
国土が分割されることはなく、
戦後も一体としてイタリアは再出発することになります。

ムッソリーニが吊るされてさらされたことは、
今まで独裁者側がやってきたことをそのまま受けたわけで、
独裁者の最後とはそのようなものだろうかと思います。
ムッソリーニの死によってイタリアの戦争は決着がついたものと思います。

このあと、ヒトラーも死を迎えることになります。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。