スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉音放送を聴く

終戦記念日はまだまだ先ですが、
YouTubeで1945年8月15日正午に放送された昭和天皇のラジオ放送
「玉音(ぎょくおん)放送」
を聴くことができ、
実際の玉音放送を、始めから終りまで初めて全部聞いたときの話をしたいと思います。

とても印象深く感じるのは、
「五内為に裂く(ごないためにさく)」
と昭和天皇が語っているところで、
『戦場で死んだ兵士たちや職場で死んだ人たち、その遺族のことを思うと
悲しみで体が裂ける思いである。』
という旨の意味のところなのですが、
全体的に無表情で無抑揚に読まれている玉音放送について、
ここだけ声に強く感情がこもって現れていて、
昭和天皇自身が本当に「五内為に裂く」(五臓六腑が裂けてはちきれそうなくらいに悲しくつらいという意味でしょうか)
という思いだったのだろうと想像します。

戦前、昭和天皇自身の声をラジオ放送することは一度もなかったそうで、
なぜかというと、
ラジオの前で人々がどのような場面や姿勢でいるかわからないから、
礼儀を失することがないようにラジオ放送しなかったということです。

昭和天皇自身の肉声を国民はこの玉音放送で初めて聞いたことになります。
初めて聞く天皇の声が太平洋戦争敗戦を告げる言葉だったというのは
とても哀しく思います。

玉音放送はYouTubeでアップされていますが、
こちらの動画は現代語訳も付いていてわかりやすいと思います。
http://youtu.be/LSD9sOMkfOo

テーマ : 太平洋戦争
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。