スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝口岩夫『戦争体験の真実』

高校生時代に本屋で見つけ、購入したのが、
滝口岩夫著『戦争体験の真実 イラストで描いた太平洋戦争一兵士の記録』
でした。
大変おもしろく、何度も読んだ思い出があります。

滝口氏は画家で、太平洋戦争に従軍し、激戦地を戦い、
その記録をイラストと文章でつづっています。
その体験を読み、まず思ったのが、
よく生きて帰ってこれたなということで、
著者の強い精神力と運の強さを思います。
体験談は赤裸々で、
太平洋戦争の兵士たちの気持ちの真実に迫っています。

印象深いシーンはあまりにもたくさんあるのですが、
一つ紹介すると、終戦後の一場面で、
今まで階級が下だった兵隊たちをいじめていた軍曹が
戦後、帰る船の中で、もう軍隊も階級もないということで、
兵隊たちから復讐として暴行を受ける場面があります。
戦争が終わっても兵士たちの戦争は終わらず、
という感じで、皮肉な思いを痛感します。

捕虜となった米兵士メベリーとの交流など、
敵とは何なのか、味方とは何なのかということを
考えさせられます。

本の構成はページの上半分がイラスト、下半分が簡単な文章ということで、
太平洋戦争を知らない人にもわかりやすいと思います。

テーマ : 太平洋戦争
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。