スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『バルジ大作戦』

年末というとこの映画を思い出します。
初めてこの映画を見たのは約30年前、小学生のときで、
おおみそかの深夜にテレビ放送されていました。
兄と二人で見ていました。
生まれて初めて深夜12時以降も起きていたのは
この年越しのときとなりました。
外は雪が降っていて、屋根に積もっていた雪をにぎった覚えがあります。

1944年12月16日、敗色濃いドイツ軍は
ベルギーのアルデンヌ森林地帯方面で突如攻勢に出ます。
雪が降る中を、
ドイツ軍の温存された戦車隊が走ります。
1940年のフランス侵攻戦を再現しようとしたこの戦いは、
フランス侵攻の突破口となったアルデンヌ森林地帯で再び行われました。
同月21日、ドイツ軍は要衝のバストーニュを包囲しますが、
27日、アメリカ軍に包囲網を突破され、バストーニュは解放されます。
そして、翌年1月末までにはドイツ軍の攻勢は撃退されることになります。

このアルデンヌ方面の戦いを描いた映画が『バルジ大作戦』です。
1965年に作られた映画ですが、今見ても古さを感じさせません。
とてもおもしろい映画です。

ちょうど今の時期にアルデンヌ攻勢は行われました。
雪が降る寒い中を兵士たちは戦いました。
映画を初めて見た時も雪が降っていましたが、
そんな雪を見て、アルデンヌ戦線の戦いを想いました。
今でもこの時期になるとこの映画とアルデンヌの戦いを思い出します。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。