スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今なぜ太平洋戦争なのか

今なぜ太平洋戦争なのか?
もう終戦してから70年が経とうとしていますが、
そんな70年も前の古い歴史をなぜ今理解する必要があるのか。
その個人的な意見を記したいと思います。

花といえば桜、山といえば比叡山を指すなんて高校の古文の授業で習った記憶がありますが、
日本で単に「戦争」といえば太平洋戦争を指します。
一般的にはそうではないでしょうか。
戦争と一言言っただけで、何を指すかといえば太平洋戦争。
日本人にとって、とてつもなくおおきなことだったことが感じられます。

太平洋戦争は第二次世界大戦の一部だったわけですが、
第二次世界大戦は現代世界の大きな枠組みを作った戦争でもあります。
国際連合が生まれたのもこの時ですし、
世界の五大国、米・英・仏・中・ロという枠組みが生まれたのもこの戦争です。
日本にとっても、現代日本の基礎的な枠組みを作ることになりました。
日本国憲法が生まれたのもこのときですし、
現代日本社会につながる大きな出発点になりました。

そして、
北方領土、従軍慰安婦、沖縄米軍問題など、
今のニュースを騒がせているいろいろな問題の発端をたどると
太平洋戦争に行き着くものが多くあります。
太平洋戦争を研究することは、現代の日本と私たちの生活が見えてくることに
つながることだと考えています。

テーマ : 太平洋戦争
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。