スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊下楢彦『「尖閣問題」とは何か』

現代の日本と中国の関係を考える上で、
尖閣諸島問題は大きな問題となっており、
この問題について勉強したいと思って手に取った一冊。

本書を読み、非常に深い分析と広い知識に好著だと思いました。
尖閣諸島問題だけでなく、竹島問題や北方領土問題も絡めて
問題を分析しています。

国境線を明確にすることの大事さを思いました。
また一方で、国境線を明確にすることがいかに難しいかも思います。
今は両国で認識されている国境線についても、
いつまた何かの拍子に
「実はそこはおれたちの国のものである」
と言い出したりされないように、
現在日本国領土である島々には明確な指標を立ててほしいと思いますし、
国際的にもきちんと認知されるようにしてほしいと思います。
すでに議論になっている3か所(尖閣諸島、竹島、北方領土)については、
これからも長い気持ちで交渉していくことが大事なのだろうと思います。

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。