スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリストの安全

イスラム国に日本人二人が人質として拉致された事件が起こりました。
最新の情報では、そのうち一人が殺害されたかもしれないということで、
もう一人の日本人人質の安否が心配されているところです。

こういう紛争地帯になぜ行くのかという議論があるわけですが、
誰かが行って現地の状況を日本にレポートしてくれないと、
日本人としても何が起こっているかわからず、
日本政府または欧米各国政府の主張を鵜呑みにせざるをえなくなるので、
現地で活動を続けるジャーナリストの存在には意味があると思います。

現地での人が生きる様子を全世界に伝えたいという
いわゆるジャーナリストとして活動している人たちについては、
民間人の一人として、身の安全が図られてほしいと思います。

捕虜であっても人として扱うのが近代的な軍隊であるとするなら、
いかなる理由であれ、人質を殺害することは
暴挙としか言いようがないと思いますが、
そもそもなぜイスラム国のような勢力が中東地域に根を延ばしているのか。
シリアやイラクや、この地域全体が安定化していき、
国内治安回復が進み、無政府地帯が解消していけばいいと
祈らずにはいられません。

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。