スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首相の戦後70年談話

安倍首相が今年の終戦記念日に行う予定の
戦後70年談話がどうなるか議論されています。
「侵略」という言葉が入るかどうかなど、焦点になっているようです。

戦後50年の時の村山談話を引き継ぐかどうかというのは、
安倍首相の裁量であるかもしれませんが、
太平洋戦争に対する認識というのは、
戦後70年一貫した評価というのがあると思うので、
それは踏まえざるを得ないのではと思います。

侵略については、
実際に占領地で日本軍が行った行為(略奪、暴行等)を考えると、
「東洋平和のための解放者」からは程遠かったと言わざるをえないのではと思います。
その評価については動かしようがない事実となっているものと思います。

そのような事実は第二次世界大戦の他国にもみられるもので、
戦勝国側にもあったものであるとは思いますが、
他国は他国、自国は自国で
自国が過去に行った事実を受け容れて、
そのうえで自国の過去を評価する必要があるのではと思います。
太平洋戦争の過去を直視し、それを受け容れることは、
日本の国際的な名誉をおとしめるものではなく、
逆に、名誉を高めるものだと思っています。

テーマ : 太平洋戦争
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。