スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリストの旅券返納命令に思う

とあるジャーナリストがシリアへ入国しようと計画していたことについて、
外務省が生命保護の理由からこのジャーナリストの方の旅券返納を命令し、
それが実行されました。

私は旅券返納はやりすぎだと思いました。
報道の自由、言論の自由を侵害する命令だと思います。
紛争地の危険は百も承知ではありますが、
もしその実情をだれも報道しなければ、
私たちはイスラム国の情報や日本政府の情報をうのみにしなければなりません。
そのことは、イスラム国の実情やシリアやイラクの実情を誤解することにもつながるでしょう。
問題解決の基本は実情をよく知ることだと思いますが、
その基本ができなくなるということになります。

先日、とある大学生がイスラム国の戦闘員に参加しようとして事情聴取された事件がありましたが、
旅券返納命令を出すとしたら、そういった事例がまさに適当で、
遊びの旅行や紛争に加担する目的で渡航しようとするのであれば規制も必要と思います。
紛争地を取材するジャーナリストの安全確保や、
実際に人質になったときのリスク負担をどうするかといった問題はありますが、
言論の自由、報道の自由はやはり大事なものだと思います。
戦争を解決し、戦争を予防するためにも、
実情を知るという意味での報道の自由はもっと尊重されてよいのではないかと思います。

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。