スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ODA新大綱閣議決定

ODA(政府開発援助)の新しい大綱が閣議決定され、
他国軍への支援を対象外としてきた原則を変更し、
非軍事目的に限って容認するという新しい方針に変わりました。

新聞の報道によれば、
中国への警戒感も伏線にあるようです。
中国と南シナ海を巡って対立するヴェトナム、フィリピンに
日本が巡視船を支援しようとしたときに
ヴェトナムの海上警察が当初海軍の一組織で、
ODAの基準に反し、
独立した司令部を持つ沿岸警備隊に変更してもらい、
支援の環境を整えてもらったこともあったそうです。

ODAで日本は莫大な援助をしてきて、
国益に沿っているのか、
日本の投資に見合ったものはあるのかと
長年批判もされてきたODA。
けれども、今まで軍が関与しない平和目的に限定してきたからこそ、
今まで世界の紛争に巻き込まれず、
日本の一定の立場を作ることができたと思います。
支援した額と同額の見返りがあったのかとこだわると難しいですが、
日本は東南アジアをはじめとするODA支援国から支持されて、
地域の安定にも貢献してきたと考えます。

非軍事目的に限っているということですが、
軍を支援対象に含めて非軍事目的に限るというのも
大変難しい理屈だと思うのですが、
他国を軍事支援していると誤解されないように
する必要があると思います。

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。