スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急事態条項 憲法改正

今朝の新聞(埼玉新聞)の報道で、
安倍首相が憲法改正発議について
前向きな姿勢をもって検討しているということが報道されました。
その中で「緊急事態条項」なるものが検討されているそうです。

今まで憲法改正発議というと9条改正というイメージが強かったので、
改めて緊急事態条項なる案を考えました。
戦争や災害時などの緊急事態に私権を制限するという話なのですが、
9条改正より危険な匂いがしました。
これこそ現憲法下における憲法解釈で十分すぎるほど対応できる話ではないかと思います。
基本的人権はなにより壊れやすくやぶれやすいものであると感じていますが、
ただでさえ失われやすい人権について、
いかなる条件であろうと制限するような憲法条文は置くべきでないと考えます。
現憲法下で解釈できる内容で法律を定めて緊急事態に対応すればよいと思います。

9条改正については、議論は煮詰まってきているでしょう。
ただひたすらに護憲だけで考えずに、
抜本的にこれからの日本に合った条文に改正するのも可だとは思いますが、
平和が損なわれることがもっとも人権の失われた状況を生み出すということを考え、
平和主義でいくということは明記してほしいと思います。

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。