スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊海外派遣の恒久法制定論議

自衛隊の海外派遣に関する恒久法を制定することについて議論が進んでいます。
現在は一回の派遣ごとに個別に法律を作って派遣しているわけですが、
つねにいつでも派遣できるように法律を作ろうという議論です。

その昔、初めて自衛隊を海外派遣するかという議論が出たとき、
ちょうど湾岸戦争のときでしたが、
「海外派遣」なのか「海外派兵」なのかでもめた時期がありました。
そんな議論も今は昔なのでしょうか。

仮に恒久法ができたとして、
自衛隊の海外派遣を判断するのは内閣ということになるかと思いますが、
事実上、首相の一存で自衛隊を海外に派遣できるようになるということは
危険なことなのではないかと思います。
事前に国会の承認を得るという形にはなるのかもしれませんが、
強行採決など形式的な議論になる可能性も考えられ、
首相の権限があまりにも強大になってしまうとおそれられると思うのですが、
どうでしょうか。

集団的自衛権の件についても、戦後70年、一貫して憲法に違反するという内閣判断だったものが、
安倍首相の代になって、簡単に合憲ということになってしまいました。
非常に簡単にあっさりと合憲になったことはみなさん記憶に新しいと思います。
内閣の判断とはそんなふうに簡単に変わるものですから、
恒久法などを作ってすべてを内閣に一任するのではなく、
個別案件ごとにきちんと国会で審議して議論して法律を作り、
それから派遣するというほうが、国民のために安全なのではないかと考えています。

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。