スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防衛省背広組(文官)優位の転換

昨日の新聞報道で、防衛省内での文官優位が定められている
防衛省設置法12条を改正する方針を同省が固めたということが報道されました。

今までは防衛大臣と各幕僚長(制服組トップ)との間に、
大臣を補佐するという形で文官が入り、文官優位が形成されていましたが、
改正案では、文官と制服組が並列され、制服組が直接大臣を補佐するという形に変わります。

この図を見たときに、戦前の「統帥権干犯」問題を思い出しました。
政府が軍部の行動に意見し、行動を統制しようとしたとき、
軍部は軍隊の統帥権は天皇の大権であり、政府が意見することはその統帥権の干犯であると、
政府の意見をまったく聞かず、その統制に服さなかったという歴史がありました。
その歴史を再び見るような思いがします。

戦前の軍部独走の反省を踏まえてうまれたはずの
自衛隊の文民統制規定、文官優位規定だったはずですが、
文民統制がきちんとなされるのかという意味で疑問を感じる改正です。
やはり、今までどおり文官が制服組の間に入る組織が望ましく、
それは諸外国の軍隊や国防省組織とは異なる形式であるかもしれませんが、
日本の過去から学ぶ日本独自の様式ということでよいのではないかと思います。

テーマ : 太平洋戦争
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。