スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二・二六事件

2月26日といえば、二・二六事件が起こった日です。
今日の関東圏は雨が降っています。
雪ではないですが、寒く、
こんな日にあの事件が起こったのかと思うと感慨深いです。
二・二六事件が起こった日は雪が積もっており、
東京は白く雪におおわれていました。

二・二六事件は事件を起こした将校たちの気持ちとはうらはらに、
周りの反応は厳しいものでした。
海軍はこの事件を陸軍の反乱と判断し、
海軍陸戦隊を軍艦とともに東京湾に送り、
万が一天皇に何かあったときは天皇を救出する段取りを考えていました。
天皇は親しい臣下たちが襲われ、殺害されたことに怒り、
即時鎮圧を厳命します。
天皇親政を考えていた事件将校たちの考えとは
まったく正反対なことになりました。

二・二六事件は陸軍の一部将校が起こしたクーデター事件ということになりますが、
陸軍の軍隊統制の緩みがこういったところにも感じられます。
軍隊統制の緩み・甘さは関東軍の独走を招いたところでもあり、
太平洋戦争にもつながっていったと思います。
軍隊をきちんと制御する仕組みがなかったことは
とても悔やまれる点だと思います。

テーマ : 太平洋戦争
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。