スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本軍機の防弾性能

零戦は長大な航続距離や運動性と引き換えに
防御力がほとんどなく、米英の戦闘機にやられて
次第に劣勢となっていったことは史実のとおりですが、
他の日本軍機も似たような状況であり、
一式陸攻はワンショットライター(少し撃てばすぐ火が付く)とあだ名されたり、
おおむね防御力を犠牲にした状況でした。
これに対して、アメリカ軍戦闘機は防御力を重視し、
パイロットの命を守る方向に出て、
日本軍は優秀なパイロットが脱落していくのに対して、
アメリカ軍はパイロットが残り、強化されていきます。

それで、ではたとえば日本軍機が防御力を重視した戦闘機を作れたかというと、
資源が少ない日本では、防御力を強化するほどの金属を充てられず、
やはり無理だったのだろうと考えます。
零戦は非常に軽量化された、逆に言えば省資源で作ることができた戦闘機でした。
防御力を強化するためにはもちろん機体の使用金属も増加するでしょうし、
ただでさえ生産機数が少なかった日本には、やはり無理だったのだろうと思います。

防御力を強化して重くなった機体を牽引するには、大出力のエンジンが必要になりますが、
そのようなエンジンも開発できてはいませんでした。
日本軍機は航続距離に優れ、防御力で重くなった米軍機よりも長くは飛ぶことができましたが、
優秀なパイロットが多くいた戦争初期は長大な航続距離で活躍しても、
技量の少ないパイロットが増えてきた戦争後期では、その航続力を活かすことができなくなります。

アメリカ軍は燃料タンクにゴムで防弾の加工を施すなど、
防弾性能の向上に熱心でしたが、
日本軍は「攻撃が最大の防御」と、防御対策には不熱心でした。
精神力を重視した姿勢、命を守ることを軽視した姿勢の背景には、
資源が限られていたこと、国力の限界があったことも、大きな要因だったのだろうと思います。

テーマ : 太平洋戦争
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。