スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月の大空襲

3月は大きな空襲が大都市で行われた月です。

3月10日、東京大空襲
3月13日、大阪大空襲
3月17日、神戸大空襲
3月19日、名古屋大空襲

と日本の大都市を狙って空襲が行われました。
焼夷弾を使って木造家屋が密集する日本の住宅街を焼き払う作戦で、
東京大空襲では、26万8千戸の家を焼き、推定10万人もの人が焼死したということです。

米軍は当初は昼間に工場群を爆弾で精密爆撃をしていましたが、
効果が薄いと考えられました。
日本は小さな町工場が住宅街とともに一緒になっており、
これらの小さな町工場を無差別爆撃で焼き払い、日本の工業力を根底から破壊することが考えられ、
夜間に大規模に無差別爆撃をする戦術がとられました。
日本は木造住宅が多いわけですが、
それらを燃やすために、従来の火薬を詰め込んだ爆弾ではなく、
着弾すれば火が燃え上がる焼夷弾という専用の爆弾が開発され、
この焼夷弾を活用して大空襲は行われました。
3月の連日の大空襲で、マリアナ基地の焼夷弾は底をついたということです。

日本は被害者としての声を上げることはあまりありませんが、
空襲は民間人も無差別に巻き込む軍事作戦でした。
民間人の住む住宅街も含めて焼き払って戦争の継続能力をそごうとしたわけで、
民間人の大量殺害という側面もあったものと思います。
謝罪と賠償については、サンフランシスコ平和条約で日本は請求権を放棄しているので、
こういった行為について賠償を求めるということはできませんが、
日本もまた、米軍の行った行為について声をあげてもよいと思います。

3月の春先、大都市各地は焼夷弾に焼かれました。
徹底的に住宅地が焦土と化しても、日本の軍部は戦争をやめることがなく、
あと半年近くも戦争は続くことになります。

テーマ : 太平洋戦争
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やっち

Author:やっち
ホームページ:
『砂漠の狐』
第二次世界大戦・太平洋戦争のおすすめ映画、ゲーム、本
http://sensou.link/
メール:
info★sensou.link
(★⇒@)

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ


検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。